A&G+を視聴するには?
メールマガジンはこちら
番組SNS

声優系コンテンツが満載の文化放送の公式携帯サイトです。スマホとガラケーの両方で動画や音声のオリジナル番組が楽しめます。

(専用アプリも配信していますが、お楽しみ頂けるのは一部のコンテンツのみとなります)

文化放送のアニメ&ゲーム系Webラジオ「超!A&G+」を無料で楽しめるスマホ専用の動画再生アプリです

トピックスTOPICS

2017年12月20日 15:00

『エブリスタ・マンガボックス presents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部』1月4日(木)放送開始!



新番組『エブリスタ・マンガボックス presents
豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部』が放送開始になります!

radibun_twitter.jpg
これは、文化放送・DeNA創通の三社が共同で
オリジナルアニメ作品を創出する「Project ANIMA(アニマ)」の一環で、
DeNAが運営する投稿プラットフォーム「エブリスタ」「マンガボックス」を活用し、
パーソナリティ、リスナーが小説家やマンガ・アニメ原作者を目指す番組です。


パーソナリティは豊永利行・小松未可子・三上枝織の3人の人気声優が務めます。
3人はリスナーと共に「文芸部員」となり、全員で作家デビューが出来る日を目指して、
様々なことに挑戦しながらトークを繰り広げていきます。
また「Project ANIMA」の最新情報も、番組内で紹介していきます。

豊永利行.jpg豊永利行

小松未可子.jpg小松未可子

三上枝織.jpg三上枝織

【コーナー名】
◎「文芸部活動」
文芸部の部活動コーナー。
パーソナリティ・スタッフ・リスナーの部員が、
最終的には全員作家デビューを目指すために、
色々な事に挑戦していく番組のメインコーナーです。


◎「3行あらすじ職人」
3行程度で魅力的なオリジナル作品のあらすじを送ってもらうコーナー。
とにかく続きが気になるようなあらすじを募集します。


◎「作者取材のため」
取材という名目でテーマメッセージを募集するコーナーです。
部員に募集するメッセージテーマをいくつか設けます。

◎「文学のススメ」
エブリスタやマンガボックスの作品を紹介するコーナー。
毎週1人の部員が指定された作品を読んできて、
その感想を他の部員たちに紹介します。

【番組概要】
■タイトル:
エブリスタ・マンガボックス presents
豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部

■出演:
豊永利行、小松未可子、三上枝織

■放送:
毎週木曜日20時30分~21時00分
※2018年1月4日(木)~放送開始

■媒体:
文化放送地上波 AM1134kHz / FM 91.6MHz / radiko.jp

■アーカイブ:
放送終了後に放送内容をYouTubeにてアップロード

■番組HP:
http://www.joqr.co.jp/radibun/

■メールアドレス:
radibun@joqr.net
(※番組宛てのメッセージ募集中)

■番組Twitter:
https://twitter.com/_radibun_
@_radibun_

■推奨ハッシュタグ:
#ラジ文


【参考】
文化放送とDeNAそして創通は、
共同でオリジナルアニメ作品を創出する取り組みを開始します。
プロジェクト名は「Project ANIMA(アニマ)」と呼称し、
2020年の放送期を照準に、ジャンルの異なる
三つのTVアニメシリーズの制作をめざしていきます。

logo.png
「Project ANIMA」では、DeNAが運営する
「マンガボックス」「エブリスタ」などの投稿プラットフォームを軸に、
広くアニメの原作を募集します。

原作募集は第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾、第三弾の三部門に分かれ、
選出作はそれぞれ

●第一弾:
株式会社サテライト
(代表作:「マクロス」シリーズ、「アクエリオン」シリーズ、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズ)

●第二弾:
株式会社ジェー・シー・スタッフ
(『とある魔術の禁書目録』ほか「とある」シリーズ、『食戟のソーマ』『クジラの子らは砂上に歌う』)

●第三弾:
株式会社動画工房
(『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』『NEW GAME!』『刀剣乱舞-花丸-』)

によってアニメ化されます。

応募可能なフォーマットは
小説、脚本、マンガ原稿、ネーム、イラスト、動画など多岐にわたり、
規約を満たせばプロ/アマ、個人/団体(法人)を問わず、
どなたでも応募が可能です。

作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチーム三社と、
各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、
選出された作品がTVアニメ化されるほか、入賞作品についても
書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討されます。

本取り組みは、今後さまざまな事業者の参画も視野に入れた
オープンなプロジェクトとして進めます。

key.jpg
第一弾となる「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集は、
2018年2月1日(木)~4月15日(日)にわたって行います。
SF・ロボット(メカ)をテーマにした作品であれば、
世界観や時代設定、コンセプトは問いません。

応募方法の詳細、およびプロジェクトの今後の展開については、
「Project ANIMA」公式サイト(https://project-anima.jp)で発表されるほか、
2018年1月4日(木)より文化放送にて開始する関連番組
「エブリスタ・マンガボックス presents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」
http://www.joqr.co.jp/radibun/)においても情報発信をしていきます。


DeNA、創通、文化放送の三社は「Project ANIMA」を通じて、
世界に通用するようなクオリティの高い日本アニメの継続的な創出をめざすとともに、
次世代を担うアニメ作家を幅広く募集していきます。


Project ANIMA公式サイト: https://project-anima.jp

  • モバイルplus(GIFアニメ)
  • A&Gショップ
  • 新AG-ON
  • A&Gアカデミー
  • 文化放送A&Gブース
  • ワイドFM 二刀流ラジオ。文化放送
  • ダメラジイベント
  • プロジェクトアニマ
  • DGSVSMOB
  • DGS劇場版
  • Side Kicks
  • エクステンド