A&G+を視聴するには?
メールマガジンはこちら
番組SNS

声優系コンテンツが満載の文化放送の公式携帯サイトです。スマホとガラケーの両方で動画や音声のオリジナル番組が楽しめます。

(専用アプリも配信していますが、お楽しみ頂けるのは一部のコンテンツのみとなります)

文化放送のアニメ&ゲーム系Webラジオ「超!A&G+」を無料で楽しめるスマホ専用の動画再生アプリです

トピックスTOPICS

2018年2月26日 12:00

TVアニメ化企画「Project ANIMA」と代々木アニメーション学院がコラボタイアップ!全国の各校にて持ち込み会&トークイベントを実施します!



「次世代を担うアニメ作家を幅広く募集します。」

Project ANIMAとは、DeNA、文化放送、創通が
共同でTVアニメシリーズを制作する大規模プロジェクトです。
2020年代を代表する作品の創出をめざすとともに、
次世代を担うアニメ作家を幅広く募集します。

ジャンルの異なる三部門のコンテストを順次開催。
プロ/アマ、個人/ユニット・企業問わず、
マンガ・小説・イラストから企画書まで、あらゆるチームが、
あらゆる形式で参加することができます。

応募作品は、サテライト・J.C.STAFF・動画工房といった
一線級のアニメスタジオがTVアニメ化に向けて選考するほか、
書籍・マンガ・ゲームと、さまざまなメディアでの展開が検討されます。

タイトル.png

この「Project ANIMA」と、代々木アニメーション学院
コラボタイアップすることが決定しました!

代々木アニメーション学院は、毎週日曜日に全国の各校にて
オープンキャンパスを開催していますが、
下記日程で、「Project ANIMA」のプロデューサー登壇による
トークイベントと、原作持ち込み会が実施となります。

代アニ×ANIMA.png

当日はDeNAのアニメプロデューサーや、
国内最大級の小説投稿サイト「エブリスタ」の編集者など
業界の最前線で活躍するプロデューサー陣が持ち込み会に参加、
あなたの作品を拝見し、批評致します。
その場で「Project ANIMA」にご応募頂くことも可能です。

代々木アニメーション学院の在校生の皆さん、
そして各地方にお住いの皆さんのなかで
ご自身の原作をTVアニメ化したい方、そしてご自身の作家力を試してみたい方は、
是非ご来校ください!目指せ!全員、作家デビュー!

【コラボイベント日程】
●2018年3月4日(日) 14時~16時
代々木アニメーション学院 福岡校
https://www.yoani.co.jp/school/guidance/fukuoka/

●2018年3月18日(日)  14時~16時
代々木アニメーション学院 大阪校
https://www.yoani.co.jp/school/guidance/osaka/

●2018年4月1日(日)  14時~16時
代々木アニメーション学院 札幌校
https://www.yoani.co.jp/school/guidance/sapporo/

●2018年5月6日(日)  14時~16時
代々木アニメーション学院 広島校
https://www.yoani.co.jp/school/guidance/hiroshima/

※オープンキャンパス自体に参加お申し込みは、各校にお問い合わせください。


なお、本トークイベント・持ち込み会にご参加の方は、
事前申込みが必要ですので下記メールアドレスからご応募ください。
(抽選ではなく、事前受付のためのご登録になります)

申込みメールアドレス : anima@joqr-event.com
※申込みの際には「氏名」「参加希望の会場」をご記載ください。


【参考「Project ANIMA」とは】
header.png「Project ANIMA」では、DeNAが運営する
「マンガボックス」「エブリスタ」などの投稿プラットフォームを軸に、
広くアニメの原作を募集します。原作募集は、
第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾、第三弾の三部門に分かれます。


●第一弾:
株式会社サテライト
(代表作:「マクロス」シリーズ、「アクエリオン」シリーズ、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズ)

●第二弾:
株式会社ジェー・シー・スタッフ
(『とある魔術の禁書目録』ほか「とある」シリーズ、『食戟のソーマ』『クジラの子らは砂上に歌う』)

●第三弾:
株式会社動画工房
(『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』『NEW GAME!』『刀剣乱舞-花丸-』)

によってそれぞれアニメ化されます。


応募可能なフォーマットは
小説、脚本、マンガ原稿、ネーム、イラスト、動画など多岐にわたり、
規約を満たせばプロ/アマ、個人/団体(法人)を問わず、
どなたでも応募が可能です。


作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチームと、
各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、
選出された作品がTVアニメ化されるほか、入賞作品についても書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討されます。

本取り組みは、今後さまざまな事業者の参画も視野に入れた
オープンなプロジェクトとして進めます。

第一弾となる「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集は、
2018年2月1日(木)~ 4月15日(日)にわたって行います。
SF・ロボット(メカ)をテーマにした作品であれば、
世界観や時代設定、コンセプトは問いません。

応募方法の詳細、およびプロジェクトの今後の展開については、
「Project ANIMA」公式サイト(https://project-anima.jp)で発表されるほか、
文化放送にて放送中の関連番組
「エブリスタ・マンガボックス presents
豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」
http://www.joqr.co.jp/radibun/)においても情報発信をしていきます。


DeNA、創通、文化放送の三社は「Project ANIMA」を通じて、
世界に通用するようなクオリティの高い
日本アニメの継続的な創出をめざすとともに、
次世代を担うアニメ作家を幅広く募集していきます。


Project ANIMA公式サイト: https://project-anima.jp

  • モバイルplus(GIFアニメ)
  • A&Gショップ
  • 新AG-ON
  • A&Gアカデミー
  • 文化放送A&Gブース
  • ワイドFM 二刀流ラジオ。文化放送
  • ダメラジイベント
  • プロジェクトアニマ
  • DGSVSMOB
  • DGS劇場版
  • Side Kicks
  • エクステンド